ロードバイク初心者向け情報 カスタム・パーツアイテム ロードバイク便利アイテム

ロードバイクで飲み物や工具を持ち運ぶための『ボトルゲージ』を選ぼう。

更新日:

ども コニチワ。エトです。

今日はロードバイクに乗るうえでなくても良いけど、ほぼほとんどの人が購入するだろうボトルゲージについてお話していきます。

ボトルゲージってなんぞ!?と思う方は下記写真をご覧ください。

ケージ2

これ。知ってるでしょ?
 

ボトルを入れたり、ツールケースを入れたりするためのホルダーです。

このボトルゲージもいろいろなメーカーが販売しているので、自分がしっくりいくまで何回も買い替えてしまうような『沼』に陥りやすい部分です。

ボトルゲージ自体は値段は安めですが、それでも何回も買っていたら金の無駄。

そんなこんなで今日は私が今まで使ったボトルゲージで一番汎用性が高かったおススメのものをご紹介しましょう。

コイツ1つで大体解決!トピーク、モジュラーゲージ2!

ケージ

『ええ。大体できますがそれが何か?』
 

ボトルゲージ界の中でおそらく『できちゃう子』的な存在がこのトピークのモジュラーゲージ2。

なにができちゃうかというと・・・

 

 

『サイズ変更ができちゃう』
 

 

缶でも水筒でもペットボトルでもボトルでもツールケースでも直径63~74mmのものであればホールドできてしまうという優れモノ。特筆すべきはペットボトルを確実にホールドできるところでしょうか。

夏場のロードバイクは水分補給が激しいので疲れてくると『ボトルに飲み物移すのめんどくせ・・・』となります。そんなときこのモジュラーゲージ2はペットボトルをそのまま使えるのでとても重宝します。私も超長距離を走る際はこのボトルゲージに変更します。

2種類

ペットボトルも確実にホールドする。
 

その時の使い方によってホールドできるものを変更できるというのはボトルゲージとしてとても使い勝手が良いです。

水筒に自慢のお手製ホットコーヒー入れて近くの公園で飲むもよし、サイズを最大にしてツールケースを差してもよしとまさに万能としか言いようがないボトルゲージです。

質感も良くて、性能も良くて、耐久性もあって、見た目もそこそこカッコよくて、値段が安い。

トピーク モジュラーゲージ2おススメです。

見た目最優先っていう事も大事。

さてトピークモジュラーゲージ2を推してみましたけど、私のロードバイクにはこれよりも見た目的にマッチングしているホルダーがあるんですよ。

艶消し黒のボディには艶消し黒のホルダーだろうが!という境地にまで達した私は、普段は使いやすさを捨てて『見た目重視のホルダー』を使用しています。

クラシカルなデザインのロードバイクだったらシルバーの細いフレームのボトルゲージのほうが似合っているだろうし。

ゲージ

いつも悩む!そんな日々!
 

使いやすいモジュラーゲージ2に比べれば、他のどのホルダーにも求めるのは『見た目』になるんじゃないかなと思うんですが『見た目を優先する!』というのもロードバイクを楽しむ1つの方法だと思います。

あまり周りの意見に惑わされず、自分がどういった乗り方をするのか?をそれらを総合的に考えてホルダーを選ぶ!っていうのもとてもたのしいよね。

サイズ変更ができちゃうトピークのボトルゲージ!

※商品画像をクリックすると詳細ページが開きます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-ロードバイク初心者向け情報, カスタム・パーツアイテム, ロードバイク便利アイテム

Copyright© チャリ旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.