ロードバイク初心者向け情報 カスタム・パーツアイテム

初心者におすすめ!SPDビンディングペダルのライトアクションモデル!シマノPD-ED500 !

更新日:

 

 

立ちごけがこわい
 

 

そんな声が聞こえます。安心してください。ありますよ。初心者にも本当におススメできるビンディングペダルがね!

どもコニチワ。エトでございます。

本日もチャリ旅をご覧いただきありがとうございます。

ビンディングペダルというと足がペダルに固定され、いざという時にこわい!転んじゃう!となりますよね。

いろんなところで『慣れれば大丈夫』という言葉を目にしますが、そんな事を言ったってシューズとペダルは固定されているんだから転ぶ時は転びます。世界を股にかけて活躍する選手でさえコテンっと転ぶときがあるぐらいですから。

怖いイメージが強いビンディングペダルですが、簡単に外れる!立ちごけリスクを大幅に軽減できる!そんなものも実は存在します。

今回は初心者にガチでおすすめできるSPDペダルをご紹介します。

SPDビンディングペダルユーザー待望のライトアクションモデル!

おそくなったな。本当にごめん。
 

まってた・・・ずっと待ってたんだからぁ!てな感じでついに登場したSPDビンディングペダルのライトアクションモデル。

SPD-SLモデルのライトアクションなら今まであったのですが、SPDモデルってなかったよね。ようやく発売してくれておっちゃんすげぇうれしいよ。

ライトアクションってなんぞや?と思う人もいるかもしれませんが、簡単に言うとペダルとシューズの脱着が簡単モデルと覚えてください。

ビンディングペダルっていうのは脱着時にそれなりにぐいっと力を込めて足を捻る必要があったのですが、このライトアクションモデルはその必要がほぼないモデル。

 

 

いざという時、本当に簡単に脱着できます。
 

 

簡単に脱着できると言っても、一番の問題は『立ちごけしそうになった時にこのペダルが対応できるかどうか?速やかに脱着することができるか?』ですよね。

みんなそこが怖くてなかなかビンディングペダルデビューできないと思うんです。私自身もそんな1人でした。

慣れだよ慣れ!とか言われても慣れた時が一番危ないんだよ!というヒヤリハットな私としては今までのビンディングペダルはあまり好きにはなれず、ロードバイクはずいぶんと神経を使う乗り物だなと感じてました。

そんな時にこのSPDライトアクションモデルが出た時は感動でしたね。

従来のペダルだったら絶対立ちごけしてたであろう時でも、このSPDペダルのおかげで事なきを得ました。

もはやフラットペダルの延長線上クラスの使いやすさ!

このペダルにはマルチクリートが付属してきます。このマルチクリートの特徴は・・・

3方向にリリースできる
 

シングルクリートは外側にカカトをひねるだけの1方向だけですが、マルチクリートであれば3方向に脱着が可能になります。クリートの違いは下記記事をご覧ください。

SPDペダルのシングルクリートとマルチクリートのそれぞれの特徴。

本日もチャリ旅をご覧いただきありがとうございます。チャリ旅の中の人、エトでございます。 今回はシマノSPDペダルのクリート『シングルクリート』と『マルチクリート』の違いとそれぞれの特徴、そしてSPDビ ...

続きを見る

脱着簡単ライトアクションSPDビンディングペダル+マルチクリートで3方向脱着=立ちごけする方がむずかしい。

そんなペダルに大変身します。ここが最大のポイントですね。もがけば大抵外れますから。

固定力は自分好みに変更できる。
 

当然ペダルとシューズの固定力も変更できます。

写真のようにアーレンキーで固定力を変更できるのですが、最弱だとクリートが固定されているのかされていないのか分からないぐらい固定力が弱いです。

信号待ちなどでふとペダルに足を置いた時に音もなく思わず固定されている時もあるので、最弱はあまりおススメしません。それぐらいライトアクションです。

固定力の強弱の好みは人にもよりますが、中間ぐらいの固定力から様子見をしてみたほうがいいですね。

両面でクリートのキャッチが可能
 

このSPDペダルは両面キャッチ仕様なのでペダルの向きをいちいち気にしなくても大丈夫。

信号待ちでなかなかペダルをキャッチできなくて『あわわ・・!おわーっ!』なんて時がなくなり、実に使いやすいです。

その反面、両面仕様になった事でペダル自体の重量は増しました。ここは安心・安全・使いやすさとトレードしなくてはいけない部分。といっても死ぬほど重いわけじゃないからね。メリットの方が断然大きい。

見た目も良い

SPDビンディングペダルは元々マウンテンバイクなどのオフロード系の自転車に付けるペダルでした。

それ故に踏面が大きかったり角ばったデザインが多く見られましたが、ここ最近はロードバイク向けのスッキリとしたデザインのSPDペダルも出てきましたね。

今回紹介しているペダルも『SPDロード』なんて名前を付けちゃうぐらいですから。

SPDシューズはSPD-SLに比べて輪行時やサイクリング先で観光する際に歩きやすい事からだんだんに定着してきました。それに伴ってロードバイク寄りのデザインのSPDシューズが販売されるなどSPD派の私としては嬉しい事だらけ。

もしあなたが初心者でもビンディングペダルデビューしたいと思っていたり、私のようにサイクリング先で観光もしたい!と考えているのであれば今回のペダルを候補に入れてみてください。

さて簡単ではありましたが、私がおススメするSPDビンディングペダルのお話をさせて頂きました。

今回のお話がみなさんのロードバイクライフのお役に立てればうれしいです!

ビンディングペダルデビューにおススメ!ライトアクションSPDペダル!

※商品画像をクリックすると詳細ページが開きます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-ロードバイク初心者向け情報, カスタム・パーツアイテム

Copyright© チャリ旅 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.